果実の違い
2月〜5月までの間は、中晩柑と称される雑柑の収穫時期です。
様々な品種が、改良・開発されており、食べる楽しみが増える、まさに柑橘種のお祭りです。

さてさて、曽根果樹園でも多くの品種を育成しております。
今は、はるみ、せとか、ネーブルを販売しており、3月からは、デコポン、清見タンゴールが加わります!


そちら↑は、既に販売終了になりましたが、1月下旬〜2月が旬の『西南のひかり』


そして、こちら↑は、今が旬の『はるみ』

曽根果樹園の果実の大きな特色は、中袋が薄いことです。どちらも房を分けるだけで破れてしまうほど薄いです。

そして、また外皮が剥きにくいのも特徴かもしれません。これは、浮き実がないためで、新鮮である証拠です。

どちらもそれぞれの美味しさがあり、食べる人の好みや感じ方を楽しむことができます。
多品種を味わえる今だからこその贅沢ですね!!

曽根果樹園Facebookページ
| マキ | 農作業など | 13:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.sonekajyuen.com/trackback/947546